アルコール依存症の方が断酒を続けながら働くために必要な3つのポイントを紹介

障害者の働き方

断酒を続けながら働くことは容易ではありません。就労というストレス要因が日常生活に新たに加わることになるので、飲酒をしてしまうリスクも無いとは言えません。
アルコール依存症の方が断酒を続けながら働くために必要な3つのポイントは本人だけでなく、親御さんにも知っておいてほしいポイントです。今回の記事を通じて一緒に学んで行きましょう。

アルコール依存症であることを自覚する

アルコール依存症であることを自覚した行動ができるかどうかということが、アルコール依存症の方には大切になってきます。

就労をするためには日常生活が安定して過ごせているのかが大切になってきます。ご本人がアルコール依存症であることの自覚がない、足りない場合は就業をしてもアルコールに依存してしまい、すぐに日常生活が乱れてしまうことが想定できます。

日常生活を安定して過ごしていくためには治療を継続していくことが欠かせません。仕事が忙しいからと治療を中断してしまうとアルコールへの依存を強めてしまいます。

主治医と相談しながら、就労に向けて動き出して良いかどうかの様子を見ていきましょう。アルコール依存症に関して、ご本人に自覚が無い行動があるかもしれません。親御さんからご本人の主治医や支援者に相談をすることも大切になってきます。

就労支援を通じて環境の変化を少しずつ行う

アルコール依存症と付き合いながら就業をしていくことになります。就労に向けて取り組む、就労をするということはご本人を取り巻く環境に変化が生じるということです。環境に変化があるということは、変化した環境から受ける精神的な影響も生じてきます。

「自分で仕事を見つけてきました、週明けから就職します。」といった行動は環境の変化を急にすることになるので、精神的なストレスからアルコールに手を出してしまうリスクを生じてしまいます。

福祉サービスで就労支援に関する事業所を利用しながら少しずつ就労に向けて取り組むことで、アルコールに手を出してしまうリスクを出来るだけ最小限に抑えていく支援に繋がりますので、活用していくと良いでしょう。

気持ちを表出できる機会、聴く機会を作る

就労に向けた取り組みをしている時や就業後も断酒会等の自助グループを通じて気持ちを表出できる機会、聴く機会を作ることができます。

1人で考え込まずに客観的に聴いてもらえる機会、聴く機会があることはアルコールに依存しないように自己防衛することにも繋がります。

親御さんの立場として1人で抱え込まないで家族会などの自助グループや保健所や精神保健福祉センター等の自治体や事業所が行っている相談窓口を躊躇わずに活用してください。

まとめ

就業をしてもアルコール依存症との関わりが終わりません。治療を続けながら就業をしていくこと、断酒の意思を持ち続けることをご本人だけでなく、親御さんも行動していくことが求められます。

抱えきれない状況や思いは抱え込まないで相談窓口を躊躇わずに活用して良いことを知っておきましょう。

 

 

タイトルとURLをコピーしました