【2020年最新まとめ】ゴローズ(goro’s)類似ブランドについて

ゴローズ(goro's)

ゴローズ(goro’s)は憧れますが、入手困難でなかなか購入できません。遠方の人は度々店舗に並べないし、何より価格が高いので手が出せない人も多いと思います。かといってネット通販で入手しようとするとニセモノも多く出回っていてどれを購入していいかわからなくなりますよね。そんな人はゴローズ(goro’s)と同系統のインディアンジュエリーブランドがオススメです!

ここではタディ&キング・アリゾナフリーダム・スタジオT&Y・ケンキクチ・ウィングロックの5ブランドを紹介します!この中からきっとぴったりのブランドが見つかります!

TADY&KIND

TADY&KINGとは?ゴローズ(goro’s)の偽物って本当!?

ゴローズ(goro’s)を立ち上げた高橋吾郎氏の弟子であり、レザーカービング技術の第一人者とも言われている田尻種彬氏と、シルバーアクセサリーを作らせたら右に出る者はいないと言われるKING氏がタッグを組んで1980年に設立したのがタディ&キングです。

デザインが似ているため、よくゴローズ(goro’s)の偽物だとかダサいだとかいう人がいますがそんなことはありません!

ゴローズ(goro’s)との違いはシルバーの含有量とモチーフ

ゴローズ(goro’s)との大きな違いはシルバーの含有量です。
ゴローズ(goro’s)がシルバ−950を使用しているのに対してタディ&キングはシルバ−925を使用しています。

925の方が若干値段が安く、硬いのが特徴です。
また、メインモチーフも違います。

ゴローズ(goro’s)のメインモチーフがイーグルなのに対して、TADY&KINGはウルフ・ロングホーン・イーグルの3つをメインモチーフにしています。
デザインが似ているのはゴローズ(goro’s)の魂を受け継いでいるからであり師匠への尊敬からではないでしょうか。

れっきとしたブランドであり、職人さんの思いがこもったアクセサリーがダサいはずがありません!

価格と入手難易度は?ゴローズ(goro’s)の6割程度で購入可能!

値段がゴローズ(goro’s)より安く、入手難易度も高くないことからEXILEのTAKAHIROさんを始め、芸能人でもタディ&キングを愛用している人はたくさんいます。

特大SVフェザーで比べてみると、ゴローズ(goro’s)が29,700円なのに対し、TADY&KINGは17,600円と6割程度の価格で購入できます。

また、オリジナルカスタマイズアプリがあり、シュミレートしながら自分だけのオリジナルの組み方を作れます。

一つずつ揃えていくゴローズ(goro’s)に比べてカスタムしてそのまま購入できるのでオススメです。

アリゾナフリーダム

アリゾナフリーダムってどんなブランド?モチーフと込められた想いを解説!

アリゾナフリーダムは1989年に設立したシルバーアクセサリーブランドです。
全てのシルバーアクセサリーが手作りで「人の手が創りだす作品の温もりを感じていただきたい」というクラフトマンスピリットの元、一つ一つに想いを込めてアクセサリーを製作しています。

自然との構成をテーマにしており、自然界の様々なのもをモチーフにしています。
中でも、全ての生命の源であり大いなる愛の象徴とされている太陽神と、生命の力の象徴である唐草模様はメインシンボルとして多くのアイテムに打ち込まれています。

他にも太陽神に唯一近づけるとされており力強さや名誉の象徴であるイーグルや、勇気や幸運をもたらすとされるイーグルの羽であるフェザーなどもあります。

人気の秘密はアフターケアの手厚さ!

全て手作りゆえに同じものはふたつとありません。その一期一会を大切にしており、一生身につけてもらうためにアフターケアが充実しています。

リング・ブレスレットのサイズ直しや修理をしてもらえるので万が一の場合にも安心です。

ゴローズ(goro’s)との違いはデザインと価格帯!

ゴローズ(goro’s)との大きな違いはメインモチーフにもなっている唐草模様です。これが好きでアリゾナフリーダムを愛用している人も多くいます。

価格帯は小イーグルがゴローズ(goro’s)では70,000円に対してアリゾナフリーダムでは34,100円、特大プレーンフェザーがゴローズ(goro’s)では29,700円に対してアリゾナフリーダムでは70㎜のフェザーが22,000円とゴローズ(goro’s)より手頃な価格で販売されています。

アリゾナフローダムではさらに大きな75㎜と90㎜のフェザーもあり、そこもゴローズ(goro’s)との違いの1つです。

関東と大阪にも店舗があり、公式オンラインサイトでも購入できるので入手しやすいのも人気の理由です。

スタジオT&Y

ケンキクチとは?孤高のインディアンジュエリーブランド!

ケンキクチとは知る人ぞ知るインディアンジュエリーブランドです。

弟子やスタッフは一切おらず全てを一人で行っており、その繊細だが存在感のある作品はエアロスミスのボーカルであるスティーブンタイラーをはじめ海外の著名人にも人気があります。

入手難易度はゴローズ(goro’s)級⁉︎価格も紹介!

現在は正規代理店もなく、東京都立川市にあるショップでしか購入できません。

完全予約制のためゴローズ(goro’s)のように並んだりする必要はありませんが、オーダーは2〜3年待ちとも言われています。

価格では一番サイズの大きいプレーンフェザーのF-1が16,000円、ゴローズ(goro’s)で言うタタキ大が30,000円〜38,000円程度なのでゴローズ(goro’s)の5〜6割程度の価格で購入できます。

待てば購入できるとはいえ、あまり中古品も出回っておらず、すぐに購入できないと言う点では入手難易度は高めです。

入手するなら今のうちに!

だんだん人気が高まっていますが、知名度はまだそこまで高くないので「知る人ぞ知る」と言うコアなファンが多いブランドです。

これからもっと人気が出てオーダー待ち期間が長くなることも予想されるので、購入を検討している人は早めに注文することをオススメします。

ウィングロック

ウィングロックは福岡発のインディアンジュエリーブランド!

ウィングロックは福岡県にあるインディアンジュエリーブランドです。

ブランド名の由来は、ナバホ族が神聖な山として崇める実在の岩山であるウィングロックです。

特徴はこだわり抜いたハンドクラフトとイーグル

モチーフはインディアンにとって神聖な存在である太陽やイーグルなどがあり、徹底してこだわり続けているハンドクラフトで命を吹き込まれています。

そうして作られたジュエリーには特別な輝きが感じられます。
またウィングロックのイーグルは特徴的で、M・Lサイズになると目の部分にルビーやダイヤモンドが入ります。

これは他にはないウィングロック独特のデザインです。

宝石が入ることで高級感がでるので、そういったデザインが好きな人にも人気があります。

価格はゴローズ(goro’s)と同じくらいだが入手難易度は低い!

ゴローズ(goro’s)で特大プレーンフェザーにあたるF-2が28,800円、小イーグルにあたるイーグルSが64,800円と価格帯はゴローズ(goro’s)と同じくらいです。

店頭販売以外に電話やファックスでも注文でき、在庫がないアイテムでも2週間以内に発送してくれます。

そのため購入しやすく、すぐに手元に欲しい人にオススメです。

ゴローズ(goro’s)類似ブランドまとめ

これだ!と思うブランドは見つかりましたか?

類似ブランドといっても各ブランドでモチーフやデザインの特徴などが違っています。

これらのブランドはゴローズ(goro’s)の真似だと言われたりすることもありますが、それぞれこだわりを持って作られたアイテムで優劣のつけようがありません。
ゴローズ(goro’s)が欲しいけど入手難易度が高いからといって他のブランドにするのはあまりお勧めできません。

クラフトマンたちが想いを込めて作ったジュエリーたちは何かの代替品にはなり得ません。

この記事を読んでこれだ!と思うブランドがあったならそちらの購入を勧めますが、ゴローズ(goro’s)はゴローズ(goro’s)で代わりになるブランドはないのです。

タイトルとURLをコピーしました