ピアボーナス制度の運用に役立つ、OKWAVE GRATICAとは

働き方改革

最近になって、「ピアボーナス制度」という新しい報酬形態が注目を集めるようになりました。

Googleで導入されていることが知られたのを契機に、さまざまな企業がピアボーナス制度を使い始めています。

 

ピアボーナス制度を導入するには、専用のツールが必要不可欠です。

日本では特に、「OKWAVE GRATICA」のようなツールが人気を集めています。

 

とはいえ、

「OKWAVE GRATICAでは、何ができるのか?」

「初期費用はどれくらいかかるのか?」

「どのような効果が得られるのか?」

 

といった疑問を持っている人も多いでしょう。

本記事では、OKWAVE GRATICAの特徴や初期費用、導入事例について解説します。

 

OKWAVE GRATICAの特徴、評判

OKWAVE GRATICAは、「社員同士でサンクスカードを送り合うこと」をテーマにしたツールです。

使いやすい上に機能が充実しているという点で評価評判を集め、現在では500社以上が導入しています。

 

OKWAVE GRATICAでは、サンクスカードとともに「チップ」を添えることが可能です。

このチップは、スポンサー企業の商品などと交換できます。

 

チップとサンクスカードを報酬として提示することで、社員のモチベーション向上や動機付けをすることが可能です。

互いに感謝と称賛を送り合うようになり、従業員満足度や従業員幸福度も向上するでしょう。

 

サンクスカードのデザインは、なんと500枚以上。

デザインを選ぶことに面白味があり、楽しく継続できるというのもポイントです。

 

管理画面からは、サンクスカードの枚数や、動いたチップの枚数などを確認することが可能です。

管理画面で表示される統計を参照すれば、今後の組織開発やチームビルディングへのヒントが見つけられます。

社員同士の関係性や価値観などを、より正確に掴むことも可能です。

 

操作は非常にシンプルで、誰でもすぐに使えるようになります。

高性能かつ利便性も高いということで、500社以上での導入事例が存在します。

OKWAVE GRATICAの利用料金

OKWAVE GRATICAの利用料金は、以下のとおりです。

(引用:OKWAVE

 

無料であるエッセンシャルプランでも、じゅうぶんにピアボーナス制度を運用することが可能です。

スタンダードプランについては、無料段階で試運転してから、利用の可否を判断するとよいでしょう。

OKWAVE GRATICAの導入事例:グローリーテクノ24の場合

(引用:グローリーテクノ24

 

先ほども触れたとおり、同ツールは500以上の企業で導入され、大きな変化をもたらしています。

今回は数ある導入事例のうち、ひとつをピックアップして紹介します。

 

株式会社グローリーテクノ24は、「通貨処理」に関する事業を提供している企業です。

同社はOKWAVE GRATICA導入前から、ペーパーベースでサンクスカード制度を設けていました。

 

しかし制度が始まってから3年目、明らかに飛び交うサンクスカードの数が減少していることに気付きます。

やはりペーパーベースでは、「書くのが面倒」「集計が大変」というような問題がありました。

よって同社は問題を解決するため、OKWAVE GRATICAへ移行します。

移行後の管理画面を見つめる同社社員の黒原氏。(引用:グローリーテクノ24

 

同社は、「移行してから、サンクスカードにかかる手間が大幅に削減された」と述べています。

よって、サンクスカードの量も増加しました。

ペーパーベース時代には、サンクスカードを出さない社員もいました。

しかしツール導入後は、積極的にサンクスカードを送るようになっています。

 

また東西に分かれているコールセンターとの間でも、サンクスカードがやり取りされるというような現象も起きました。

そして管理者側からも、「社員同士のつながりがはっきりと見える」と好評です。

 

今後も同社ではツールを利用し、さらなる施策を打ち出していく見通しになっています。

まとめ

  • OKWAVE GRATICAは、サンクスメールを送り合うツール
  • チップを追加すれば、ピアボーナス制度も実施可能
  • 無料プランと有料プランがある
  • 劇的な効果を得た導入事例も多数

働き方改革が進められていく中、会社には柔軟な立ち回りや、違いを認め合うチームビルディングが求められるようになりました。

そういった背景がある中で、ピアボーナス制度はメリットの大きいものだと考えられています。

 

そしてOKWAVE GRATICAは、ピアボーナス制度を成立させるうえで、たいへん重要な役割を果たす存在です。

もしピアボーナス制度を取り込むなら、OKWAVE GRATIVAの導入も同時検討してみましょう。

タイトルとURLをコピーしました